歌曲アンサンブル研究会
この研究会は、1997年、二期会ドイツ歌曲研究会のピアニストを中心に、「歌曲伴奏研究会」として結成されましたが、21世紀を迎えるにあたり、アンサンブルの重要性を再認識し「歌曲アンサンブル研究会」と改称しました。
歌曲を中心に声楽とピアノのアンサンブルを主体に定例会、試演会、コンサートなどの活動をしております。
研究会のあゆみ

歌曲アンサンブル研究会

研究会について

歌曲アンサンブル研究会は1997年、二期会ドイツ歌曲研究会のピアニストを中心に、「歌曲伴奏研究会」としてスタートし、21世紀を迎えるにあたり、アンサンブルの重要性を再認識すべく「歌曲アンサンブル研究会」と改称し、現在に至ります。


約100名のピアニスト、声楽家、作曲家と一般会員により、歌曲を中心に「例会・公開レッスン講座」、「試演会」「定期コンサート」の活動を行い、「研究会便り」を発行しています。


例会では、これまでに会の趣旨に賛同された各分野の第一線で活躍される多くの方々を、講師に招いています。海外からもウィーン国立歌劇場の専属歌手として活躍されたオリヴェラ・ミリャコヴィチ女史をはじめとして,元シュトゥットガルト国立音楽大学教授のブルース・アーベル氏他、経験豊かな講師陣をお迎えしています。


例会では、時にはウィーンオペラハウスを彷彿させられたり、パリのサロンの雰囲気に浸ったり、また、日本人として忘れかけていた情趣を日本歌曲によって思い起こさせられたり。各会員の積極的な参加意欲次第で多彩な勉強ができる、他に類のない研究会です。


アンサンブル研究会代表 渡邊 一夫

研究会に入会を希望される皆様へ

会への入会資格は特に設けておりません。
会員の年齢は幅広く、その顔ぶれも演奏家、音楽教育家、学生、音楽愛好家などさまざまです。歌曲に興味さえあれば、ピアノとのアンサンブルは未経験(一般会員)という方もお待ちしております。多彩な演奏家、教育家の適確なアドバイスのもと、経験を重ねていくことができます。


例会での演奏は、会員から公募され受講は無料で、充実した内容と和やかな雰囲気は定評があります。
また当会では音楽愛好家も歓迎しております。


入会を希望される方は、まず例会の聴講をお勧めいたします。
入会後は毎月「研究会だより」が送付され、3ヶ月先までの例会案内と共に、会員相互の交流の場にもなっています。



>> メンバー募集に関しまして、詳しくはこちらをご覧ください
例会のご案内
例会ではそれぞれの分野で活躍していらっしゃる方々を講師に招き、 和やかな中にも毎回充実した成果をあげております。
※原則として、受講(演奏)できるのは、会員のみとなっております。

5月の例会のお知らせ 2019年5月

第226回 5月例会

  • 内 容: アンサンブルと指揮
  •  〜オーケストラ歌曲演奏へのアプローチ、指揮者の観点から〜
  • 講 師: 吉田行地氏(指揮者)
  • 日 時: 2019年5月10日(金)18:30〜20:30
  • 場 所: 雑司が谷音楽堂
  • 入場料: 会員は無料 ※非会員1500円(聴講のみ),学生500円
  • 予約・お申し込みはこちら
今回は指揮アドヴァイスコーナーも設けます。
合唱の指揮をされている声楽家・ピアニストはどうぞご参加ください。
また経験がなくても指揮をしてみたい方歓迎です。

プロフィール 吉田行地氏 (指揮)

早稲田大学を経て、洗足学園音楽大学付属指揮研究所入所。指揮を秋山和慶、河地良智、尾崎晋也、湯浅勇治の各氏に師事。
これまで、ルーマニア国立サトゥ・マーレフィル、トゥルグムレシュ交響楽団、札幌交響楽団、東京交響楽団、名古屋フィル、中部フィル、大阪フィル、広島交響楽団、九州交響楽団、大阪市音楽団、東京佼成ウインドオーケストラなどに客演。2004~2010中部フィルハーモニー交響楽団指揮者。
また、クラシックにとどまらず、劇団四季のミュージカル『美女と野獣』ロングラン公演の指揮や、槇原敬之オーケストラ・コンサート「cELEBRATION」の指揮者等、多彩な音楽活動を行なっている。
洗足学園音楽大学、桐朋学園大学非常勤講師。

プログラム

  • 1. R.Strauss
     Morgen!(明日!) Op. 27 Nr.4
     J.H.Mackay 詩
    加藤詩菜(Sop.) 松永朱美(Pf)
  • 2. G.Mahler
    「リュッケルトの詩による5つの歌曲」より
     Ich atmet’ einen linden Duft(私は仄かな香りをかいだ)
     F.Rückert 詩
    新居佐和子(Sop.) 矢部伸子(Pf)
  • 3. A.Berg
     Sieben frühe Lieder 「7つの初期の歌」より
     Die Nachtigall(ナイチンゲール)
    T.Storm 詩
    神谷明美(Sop.) 杉山潤子(Pf)

これからの例会

第227回 6月例会

  • 内 容: イタリア歌曲全般
  • 講 師: 三縄みどり氏(ソプラノ)
  • 日 時: 2019年6月17日(月)18:30〜20:30
  • 場 所: 雑司が谷音楽堂

第228回 7月例会 「文月サロンコンサート」 ~いま、歌いたいうた!~

  • 内 容: 会員による歌曲コンサート
  • 日 時: 2019年7月1日(月) 開演 19:00 (開場 18:45)
  • 場 所: 日暮里サニーホールコンサートサロン

※曲目は変更になることがあります。
※会員以外の方で参加をご希望の場合は、メンバー募集のページをご覧ください。

コラム Column

4月のコラム 2019年4月

雑感<その2>

  「歌う」ということは多くの利点をもった行為であります。肉体的・精神的に寄与すること大であります。肉体的には内臓の筋肉を活発にし、臓器を正常に保ち得ると言われています。また精神的には昨今心の問題が問われていますがストレス等の解消に役立ち音楽療法がその分野の研究者たちによって多くの臨床例を提供していることも頷けます。その他内気で孤独な性格を変えたり、人との和合の精神を育てたり例をあげれば「情操的」「教育的」にいくらでもあげられます。


 いずれにしてもその成果を得る為には正しい方法による基礎的訓練が必要になってきます。この「歌う」ことの基礎的訓練として最も大切なのが「発声法」であります。自分の情感を自分の声に託すことができ美的領域にまで高める為の第一歩が「発声の研究」であります。


 私たち人間には長い生の歴史や心の歴史がありますがそれは先駆者たちがその時代の条件や葛藤によって様々な文化を結実させてきました。文化とはその時代時代の心の結集、すなわち形式(様式)として昇華されたものであると考えたとき、音楽も同様であり決して例外ではありません。音楽の歴史を見渡すと確かに楽譜の中にはその時代の息吹が伺えますしそれはまさしく生の響きであり練り上げられた心の響きであると思います。


アンサンブル研究会代表 渡邊 一夫


11月のコラム 2018年11月

雑感<その1>

 広い音楽の領域の中で私たちは「歌う」という行為を知っている。あの幼稚園で、小学校・中学・高校でごく自然に体験してきました。にもかかわらずこの行為はまだまだためらいのある行為といえましょう。


 「歌う」ということは、叙事詩や抒情詩を音楽的に語ったりその情感を声そのもので表現したりする行為でありますが日本では昔から詩歌を味わうということは目で見て目を通して感じ心で燃焼するという傾向があります。西洋では詩歌を味わうと言うことは人が集い朗読し耳を傾けその響きを鑑賞すると言うことが一般的であると言われています。自分の心の中だけで燃焼することと皆が集まって一緒に耳を傾け鑑賞することでは随分と違ってきます。日本人にとって「歌う」という行為はまだまだ躊躇のいる行為でありますが、世界は交通の発達と共に狭くなり東京が世界の主要な音楽市場となった今日日本がその固有性だけを保っていける時代は過ぎ去ったと言えましょう。


 国際社会ではいかに自己を主張し意見を表現できるかが必須でありますが、優れた日本の精神文化を国際性あるものとして認められるためにはひとつの手段であると考えます。日本人には能力技術力がありながらまだまだ自信をもって「表現」し得ないもどかしさがあります。いやむしろ「表現」しないことが美徳とされている風土さえ見られます。これは多くの問題を提供しています。日本人としての独創性を素直に「表現」するためにはまず「歌う」ことから始めては如何でしょうか。


アンサンブル研究会代表 渡邊 一夫
インフォメーション
会員/講師の活動のご案内です。参加をご希望の方は各団体や会員/講師まで直接お問い合わせ下さい。
※会員/講師の皆様へ、こちらのページへ掲載をご希望の方は会までお知らせ下さい

演奏会のお知らせ

末松茂敏 ピアノリサイタルNEW

  • 日 時: 2019年6月29日(土) 14:30開演
  • 場 所: 大和市文化創造拠点シリウス3Fマルチスペース(小田急江ノ島線・相鉄本線 大和駅から徒歩3分)
  • プログラム:
      フランス組曲第5番(J.S.バッハ), 即興曲 Op.90-3  90-4 (シューベルト), 幻想曲(ショパン)  
      愛の夢第3番(リスト), ピアノ・ソナタ第21番「ヴァルトシュタイン」(ベートーヴェン) 他
  • 料 金: 全自由席 一般1,500円 学生 1,100円
  • 問合せ: 末松 電話・ファクス 045-962-8227 E-mail toshipiano@hi2.enjoy.ne.jp

広川法子ソプラノリサイタルNEW

  • 日 時: 2019年6月15日(土)18:30開演(18:00開場)
  • 場 所: ムジカーザ(代々木上原)
  • 出 演: 広川法子(Sop) 高野京子(Pf)
  • プログラム:
      クロリスに、私の詩に翼があれば (アーン)
      六月のうた、やがて生まれてくる子のための子守唄(前田佳世子)
      かたくりの花、南十字星・・・・戦死した父へ、いのちの鎖(和泉耕二)
      幻想即興曲 (ショパン)
      夢、今ひとたび (トスティ)  海の詩 (チマーラ)
      なぎさ、 レンコート、だまって(朝岡真木子)
  • 料 金: 3,000円 当日券3,500円
  • 後 援: 歌曲アンサンブル研究会
  • 問合せ: スタジオ・アルモニーア TEL/FAX 042-675-2876

中一乃 末松茂敏 中村潤 ジョイントコンサートNEW

  • 日 時: 2019年6月13日(木) 19:00開演
  • 場 所: ムジカーザ(小田急線・地下鉄千代田線 代々木上原徒歩3分)
  • 出 演: 末松茂敏(Pf) 中一乃(Vn) 中村潤(Vc)
  • プログラム:
     ベートーヴェン:
      ピアノ三重奏曲第7番「大公」, ピアノ・ソナタ第21番「ヴァルトシュタイン」
      チェロ・ソナタ第5番
  • 料 金: 3,500円 (全席自由・ドリンク付)
  • 問合せ: 末松 電話・ファクス 045-962-8227 E-mail toshipiano@hi2.enjoy.ne.jp

天満敦子&末松茂敏デユオリサイタルNEW

  • 日 時: 2019年5月29日(水)14:00開演
  • 場 所: 青葉区民文化センター フィリアホール(東急田園都市線青葉台駅前東急スクエア South-1 本館
  • 出 演: 天満敦子(Vn) 末松茂敏(Pf)
  • プログラム:
      イタリア協奏曲(J.S.バッハ), ヴァイオリン・ソナタ第4番(ベートーヴェン),
      アヴェ・マリア(シューベルト), 詩曲(ショーソン), 望郷のバラード(ポルムベスク)  
  • 料 金: 3,000円
  • 問合せ: 末松 電話・ファクス 045-962-8227 E-mail toshipiano@hi2.enjoy.ne.jp

山内三代子ピアノリサイタル 珠玉のモーツァルトとシューベルトの最後のソナタ[お話付き]NEW

  • 日 時: 1) 2019年5月16日(木) 19時開演(18:30開場)
           2) 2019年5月28日(火) 19時開演(18:30開場)
  • 場 所: 1)海老名市文化会館小ホール
           2)小金井宮地楽器ホール大ホール
  • 出 演: 山内三代子(Pf)
  • プログラム:
      ロンドニ長調、幻想曲ニ短調、ロンドイ短調、ソナタイ長調k.331(モーツァルト)
      ソナタ第21番変ロ長調Ⅾ.960(シューベルト)
  • 料 金: 全席自由 一般 2500円 学生 1500円
  • 問合せ: miyo_yama0318@yahoo.co.jp

イギリス歌曲演奏会

  • 日 時: 2019年5月12日(日) 14時開演 (13時30分開場)
  • 場 所: 大田区民プラザ小ホール(大田区下丸子3-1-3)  東急多摩川線下丸子駅下車1分
  • 出 演: 小野清子(Sop) 河合良一(Pf) 他
  • プログラム:
      クィルター「愛の哲学」、「ああ、愛する人よ」 
      イギリス民謡集より 「ライ麦畑で」、「グリーンスリーブス」、「埴生の宿」 
      ハイドン『6つのカンツォネッタ』より「人魚の歌」、「誠実」 
      エルガ―「威風堂々」
  • 料 金: 全席自由 3,000円
  • 問合せ: 小野清子 070-3321-1177 ononococo@gmail.com

石井ひろ子ソプラノリサイタル

  • 日 時: 2019年5月11日(土)18:30開演(18:00開場)
  • 場 所: 銀座ヤマハホール
  • 出 演: 石井ひろ子(Sop)大迫 貴(Pf)
  • プログラム:
      「コーヒーカンタータ」より  あのコーヒーのなんと甘いことか (バッハ)
      すみれ (モーツァルト)、  春に (シューベルト)
      あした! (シュトラウス)、 ノクターン (マルクス)
      小さなものでも、四月の黄色い蝶 (ヴォルフ)
      子守唄 (中田喜直)
      一番すてきな (外山雄三) 
  • 料 金: 全席自由3,500円
  • 問合せ: 石井 TEL 03-3952-4260

「また来る春に」東日本大震災・熊本地震復興支援 チャリティコンサート

  • 日 時: 2019年4月6日(土)14:00開演(13:30開場)
  • 場 所: フィリアホール
  • 出 演: 三縄みどり(Sop) 今井俊輔(Bar)松下倫士(Pf)他
  • 料 金: 全席自由3,500円 学生2,000円
  • 問合せ: つぼみ企画 045-512-5382 tsubomicharity@yahoo.co.jp

歌曲アンブル研究会 第1回推薦コンサート

  • 日 時: 2019年3月26日(火)19:00開演(18:30開場)
  • 場 所: 雑司が谷音楽堂
  • 出 演: 中尾有希子(Sop)  原あいら(Sop)  片野田名帆子(M.Sop)  矢部伸子(Pf) 杉山潤子(Pf) 
  • 料 金: 会員は無料  一般入場者:3000円
  • 問合せ:歌曲アンブル研究会事務局 musica-3dn@hotmail.co.jp
  • 歌曲アンブル研究会 第1回推薦コンサート

三縄みどり藝大退任記念コンサート

  • 日 時: 2019年3月9日(土)14:30開演(14:00開場)
  • 場 所: フィリアホール
  • 出 演: 三縄みどり (Sop) 他
  • 料 金: 全席自由3,500円 学生2,000円
  • 問合せ: Inverdire Giovane(インヴェルディ―レ・ジョヴァネ) inverdire.giovane@gmail.com

講習会のお知らせ

現在講習会の予定はございません

メンバー募集
歌曲アンサンブル研究会では、さらなる活性化をめざし、興味を持ち、 共に歩んでいただける方々の入会をお待ちしております。
音楽愛好家の方々も歓迎しております。
※原則として受講(演奏)できるのは会員のみとなっております。

お問い合わせ・お申し込み

入会/例会の申し込み方法

研究会へのお申し込み、聴講のご希望はメールにてお知らせ下さい。 例会当日でも受け付けております。
※入会申込書のフォーマットはこちらです

会員資格:

正会員
一般会員  ※聴講、音楽愛好家

例 会:

原則として月1回

会 費:

ピアニスト会員/声楽会員:年額12000円
一般会員:6000円
※会費は4月より一年間  途中入会も受け付けます。
※運営委員会の決定により、会費が変更される場合もあります

事務局:

福士 恵子
Eメール:musica-3dn@hotmail.co.jp
お問い合わせ